記事一覧

月刊とれいん No.368 2005年8月号

ファイル 65-1.jpg

● 進化する国鉄型 特急485系電車
昭和39/1964年以来,国鉄/JRの電化区間を走り続けてきた,485系特急電車の特集です.
 まずは,オリジナルであるボンネット車の美しさを,懐かしの写真と詳細図面でじっくりと味わっていただきます.
 続いて,国鉄時代の細部写真や,秋田新幹線建設のころの東北での活躍ぶり.異端者的存在のサロ481-1050番代など,現在に至るバリエーションの数々を,美しい写真と資料性の高い写真多数によって.たっぷりとお楽しみいただきます.
 そして,485系のモディファイの代表として,新潟で活躍する3000番代のすべてと,新潟の485系電車のバリエーションを,各部から観察した写真と詳細な図面でご覧いただきます.
 実物記事の締めくくりは,登場したばかり最新モード,“あいづ”編成の細部写真と詳細図面です.
 485系の模型作品は16番,Nスケールの全自作とキット改造を交え,ボンネット車から1000番代グリーン車までを紹介.また,エンドウとカツミから発売された製品の歴史を繙いています.

特別定価:本体1,714円+税

完売御礼