記事一覧

月刊とれいん No.383 2006年11月号

ファイル 44-1.jpg

● 最新!検測車アラカルト 鉄路を守る裏方たち
線路,架線,電力供給,信号,通信……鉄道施設とは,あらゆる機能が,いつも正常に働いていることが求められるものです.それらの機能を詳しくチェックして記録するための車輛が,検測車です.
 検測車の歴史は古く,特に国鉄ではそれだけで歴史の一章を語ることができるほどに,たくさんの車輛が存在しました.一方,私鉄ではこれまで,車輛ではなく,計測器を搭載したモーターカーなどで検測を行なってきましたが,それでは特別な手段を講じた夜間だけしか計測することができず,速度も低いので能率はよくありませんでした.そこで,昼間に営業列車と同じ速度で検測を行なうことができるよう,車籍を持った検測車を備えはじめました.今年は,その傾向が,より一層強まって,複数の鉄道会社で新しい検測車がデビューしました.
 そこで,それらの新しい検測車を形式図や床下機器配置図とともに紹介するほか,これまでの国鉄や各私鉄の検測車も,振り返ってみました.
 ちょっと毛色の変わったこれら車輛たちは,実物ファンも模型ファンも,必ずや興味をそそられる存在でありましょう.

● MODELERS FILE 相模鉄道7000系電車
相模鉄道の新しい検測車モヤ700系の種車となった7000系も,きわめてユニークな経緯を持つ車輛です.そこでこの特集に併せてMODELERS FILEをお目にかけることにしました.お楽しみください.

定価:本体1,333円+税

完売御礼