記事一覧

月刊とれいん No.360 2004年12月号

ファイル 57-1.jpg

● CLOCK WORK GIANT TOY  ゼンマイ動力の5インチライブ
井上昭雄
20世紀初頭のドイツビンク社のカタログに掲載されていた,子供1人は運ぶことが可能であったといわれているゼンマイ動力のキングエドワード号に強いインパクトを受けた井上昭雄さんは,それならば大人が乗って走るものを作ってみたいと,SP蓄音器をバラしてゼンマイを取り出し,実験を開始しました・・・ そして完成したのは遊び心いっぱいの電関でした.

● 新連載! 店めぐり街ぐるめ 大宮&秋葉原 編
模型店めぐりがますます楽しくなる新連載がスタート!毎回2ヶ所の街を取り上げ,模型店とその周辺の“街”を紹介します.模型店長オススメの飲食店ではとれいん読者だけの特典もあるかもしれませんよ!

● 紙成模型塾 第三講 クモユニ74
講師:木村則之
好評連載中の紙成模型塾.窓が少なく,箱にしやすい,1輛で走ってもさまになる・・という理由で今回の題材はクモユニ74です.木村講師のこだわりの製作技法も写真入りで詳しく解説します.もちろん今回も巻末にあの「型紙」の付録が付きます.

定価:本体1,333円+税

完売御礼

月刊とれいん No.359 2004年11月号

ファイル 56-1.jpgファイル 56-2.php

● 特集 旧新潟色の車輛たち
~新潟色115系の編成・塗色の変遷を見る~
解説・まとめ:岡田 卓/協力:トミックス
ここで言う「旧新潟色」とは1986年に登場した白地に青と赤の鮮やかな塗り分けのことを指します.現在この塗色の115系は消滅していますが,この度TOMIXから旧新潟色をまとう115系がN・Jスケールの両方で製品化されました.これを機に実車の変遷を振り返りながら,模型での遊び方をご覧いただきます.

● MODELERS FILE 12系急行形客車
大阪万博輸送に備え,同時に旧型客車を置き換えることを目的として登場した12系客車.気がついてみれば数えるほどになっていたオリジナル車と,数多ある改造車の中から“SLばんえつ物語”号を中心にMODELERS FILEしてみました.

● 結成35周年を迎えた“鉄道模型同好会とな会”
横浜を代表するクラブ“鉄道模型同好会とな会”は京急を始めとする私鉄電車のぺーパー自作で70年代からTMS誌上を賑わせてきました.結成35周年記念運転会を通して,このクラブの歴史を振り返ってみました.

定価:本体1,333円+税

完売御礼

月刊とれいん No.358 2004年10月号

ファイル 55-1.jpg

● 第5回 国際鉄道模型コンベンション 新製品&個人出展 リポート
今回で第5回目を迎え,すっかり夏の模型行事の一つとして定着した感のある“国際鉄道模型コンベンション”.各メーカーから発表された新製品の数々に加え,様々な工夫を凝らした個人出展の作品を誌面の許す限りご紹介いたします.

● 鉄道模型同好会「どうりん」 キハ10系競作
鉄道模型同好会「どうりん」のみなさんによる2003年度競作をご覧いただきます.今回のお題は「キハ10系」.参加者は9名.スクラッチビルドあり,ペーパーあり,凝ったウェザリングあり….全部で15輛の力作が勢揃いしました.

● 今年のわだい今年のうちに・小田急2004
/村田順一/大久保健二 
今年の小田急の新車の話題といえばテクノインスペクターの愛称を持つ総合検測車クヤ31と,床下全体を防音カバーで覆った3000形. さっそくお二人が16番のペーパー車輛で製作してくださいました.

定価:本体1,333円+税

完売御礼

月刊とれいん No.357 2004年9月号

ファイル 54-1.jpg

● 特集 関東のスタンダード E231系電車のすべて
関東平野でJR東日本の電車の主役の座を確保しつつある,E231系の特集です.2階建てグリーン車つき近郊形最新仕様を中心とし,各バージョンのカタログ,細部写真,詳細図面を掲載.全車輛の編成と落成日,グリーン車組み込み日などのデータも充実です. 
 模型では,山手線を中心とした広告ラッピング電車をNゲージで製作.特集の最後にはE231系の模型製品一覧も掲載しました. E231系電車に関する完全永久保存版です.

● Nゲージで綴る昭和の名列車   
第2回 湘南電車80系全盛の頃
大島仁知
東海道本線の電化化に合わせ,輸送力増強のため作られた80系 元祖“湘南電車”.昭和30年代前半をイメージし,16輛フル編成を模型で再現しました.

特別定価;本体1,714円+税

発売中

月刊とれいん No.356 2004年8月号

ファイル 53-1.jpg

● MODELERS FILE マニ30 2007~2012 
今解き明かされる,現金輸送車のひみつ
これまで秘密のベールに包まれていたマニ30.しかし今年4月,この車輛を小樽の交通記念館で保存するとの発表がありました.(一般公開は7/10日から)これを機に,保存車2012号機を細部写真と図面で徹底的にご紹介します.

● 13mm WAVE 江ノ電へ!
湘南鉄道模型クラブ+各クラブ有志
湘南鉄道模型クラブと各クラブ有志による作品集.今回のテーマは「江ノ電」.しかも13mmでDCC運転に対応させるとのこと・・新旧さまざまな江ノ電車輛が勢揃いしました.

● Nゲージで綴る 昭和の名列車
大島仁知
第1回 旧客編成と20系ブルートレイン“あさかぜ”
「旧型客車自由自在」の連載中では様々な形式の旧型客車を作り分けてご紹介しました.今回からは「黄金時代の東海道本線」というテーマに沿って,これまで作りためた車輛を繋ぎ,フル編成を再現します.

● トレインフェスタ2004
5月15・16の両日,静岡県コンベンションアーツセンター“グランシップ”において開催されたトレインフェスタの模様をレポートします.年々盛大になり,注目度急上昇の“グランシップ” 今年はレイアウト作品を中心にご紹介します.

定価:本体1,333円+税

完売御礼

月刊とれいん No.355 2004年7月号

ファイル 52-1.jpg

● 総力特集:最後の力走 東の103系
現在,急速に姿を減らしつつあるJR東日本に残る103系電車を総力取材いたしました. 
 実車では懐かしのカラーグラフの他,MODELERS FILEにてそれぞれの線区を走る103系のディテールの差違を細かく紹介しています.1/80の折込図面も掲載しました. 
 模型では103系全盛時のJスケール製品コレクションをカラー6ページにわたって紹介します.連載中の紙成模型塾は講師に梅原顕彦さんをお迎えし,103系ペーパーボディーを製作します.今回は先頭車,来月は中間車です.巻末には型紙を添えましたのでご活用下さい.他にも,N,Jスケールのこだわりの作品群が満載.103系を模型化する時にはきっとお役に立つことと思います.

● MODELERS FILE 名古屋鉄道 中部国際空港連絡特急
来春に開港する予定の中部国際空港と名鉄沿線各都市を結ぶ空港専用特急2000系を隅々まで紹介します.1/80の折込詳細図面付です.

特別定価:本体1,714円+税

完売御礼

月刊とれいん No.354 2004年6月号

ファイル 51-1.jpg

● 天賞堂プラスティック製C62で遊ぶ(1)
松本謙一
天賞堂から発売された話題の製品C62 2とC62 3.北海道のC62を隅々まで観察した経験を持つ筆者が作り出したC62の表情をご覧下さい.「山線」を駆け抜けた“スワローエンゼル”が今ここによみがえります!

● MODELERS FILE 小田急電鉄 “TECHNO INSPECTOR” クヤ31
今年4月から本格的に使用が始まった小田急電鉄の総合検測車クヤ31.その姿を隅々までご覧いただきます.1/80,1/87,1/150の折込詳細図面も添えました.

● ペーパー工作を志す人の必修科目 紙成模型塾 
名鉄 モ800 読者・編集者課題発表!
講師:鬼頭哲哉
先月号とれいんの付録に添えられた名鉄モ800の型紙を使って,短い工期だったにもかかわらず,沢山の読者の方々が作品を寄せて下さいました!それぞれの個性あふれるモ800をご覧下さい.

定価:本体1,333円+税

完売御礼

月刊とれいん No.353 2004年5月号

ファイル 50-1.jpg

● Nゲージ総合研究所
Nゲージをとことん遊び尽くすために日々研究を重ねる“Nゲージ総合研究所”(略してN総研).第1回目はインレタの上手な活用法を検証します.生まれ変わったばかりの「東京メトロ」のオリジナルインレタ作りにもさっそくチャレンジしてみました.

● カルタゴサロン
東京中野の地中海レストラン「カルタゴ」に集う熱きモデラーたちがレイアウト製作のノウハウを伝授します.初回は木曽谷をテーマにしたモジュールレイアウトを2題ご覧いただきます.レストランのシェフである畑中氏を中心にパワフルに活動するカルタゴ・ワールドへとご案内します.

● ニモ電大百貨 気軽に作れる単行電車のススメ
玉井東造
真鍮スクラッチ・ビルドで凸電,ED電機など,テーマを決めて連作を続けている玉井東造さん.以前本誌312号,318号,324号で荷物電車20輛を掲載いたしましたが,今回さらに追加の10輛ができあがりましたので,連載形式にてご紹介いたします.第1回は阪急(新京阪)5001と京王帝都デニ2901です.両車輛の図面も掲載しました.

● 紙成模型塾
ペーパー工作の経験が全くない人でも,基礎から丁寧に作り方を指導する塾が「とれいん」誌面に開校しました!その名は“紙成模型塾”第一講は鬼頭哲哉さんを講師にお迎えし,名鉄モ800を製作します.巻末には教材の型紙を添えましたのでご活用下さい.

定価:本体1,333円+税

完売御礼

月刊とれいん No.352 2004年4月号

ファイル 49-1.jpg

● 青春コレクション 修学旅行電車
昭和34年の登場以来,155系,159系,167系と数々の夢を乗せて走った修学旅行専用電車.現在それらの車輛たちは全て過去のものとなってしまいました.今回の特集では主に黄色と朱色に塗り分けられていた時代にスポットをあて,実車のプロフィール,過去に発売された模型製品,“ひので号世代”が製作した作品をご紹介いたします.

● 揖保鉄 林田駅付近 ─地方私鉄伝説
三木浩三
エコーモデル製の「北野畑駅舎」キットをもとに,“揖保鉄林田駅付近”を60×40cmの地面にまとめあげました.借景撮影のテクニックも必見.ジオラマが見事に実景にとけ込んで,実物写真を見ているようです.

● 欧州製品最新情報2004年
2月5日から10日まで開催されたのドイツ・ニュルンベルクメッセにおいて紹介された,欧州各メーカーの新製品計画をいち早くお伝えいたします.

定価:本体1,333円+税

完売御礼

月刊とれいん No.351 2004年3月号

ファイル 48-1.jpg

● 特集 田舎電車で遊ぼう! GMクロスポイント製キット改造競作集
今年始めに発売され,好評のグリーンマックスのクロスポイント製「地方私鉄タイプ電車」のNゲージキット.パーツを組み合わせるだけでも様々な車輛が製作でき,さらに切継ぎなどの加工を行えば,その可能性は無限大に広がります. 
 7名の電車大好きな面々がそれぞれ個性溢れる車輛を持ち寄りました.このキットを200%楽しむアイデアが満載です.

● 小特集 最北の赤帯 キハ56系急行形気動車(前編)
解説:岡田 卓
エンドウから「北海道の急行形気動車」シリーズの第3弾.キハ56系1/80キット&完成品が発売されます.2003年12月号で紹介したキハ53形500番代と同様に特定番号にこだわった製品で,今回はさらにラインナップが増え,3回に分けて発売されます.今回も実物写真と絡めて詳しく解説します.

● 大場車庫のヌシ?ED32・33コンビを作る
八木隆夫
伊豆箱根鉄道に現存するED31形(32と33)2輛を,キットをアレンジしながら組み上げた製作記.合わせて八木氏のアルバムの中から選んだ実物写真もご紹介します.また,折り込み詳細図面も作製しました.

定価:本体1,333円+税

完売御礼

ページ移動