記事一覧

山梨県 T.O.

ファイル 10-1.jpgファイル 10-2.jpg

【16番】
・走行形態:お座敷運転(複線エンドレス)
・走行車輛:マイクロエース・キヤ95 TOMIX・キハ40烏山線仕様 DDF・大軌デボ1(動力化)
12年前に20年間中断していた鉄道模型の趣味を再開して以来,毎年暮れに年越し運転をするのが恒例となっています.
 数年前までは自宅のレイアウトで編成物の列車を運行するのが常で,年越し運転だけで大晦日を丸ごとつぶしたこともあったのですが,ここ数年は大晦日を600キロ離れた実家で過ごす事が多いため,実家に最低限の運転が可能なだけの線路とパワーパックを常備し,帰省時に車輛を持ちこんで年越し運転を行なう様になりました.持ちこめる車輛の数にも限りがあるので“その年の入線車輛の中から特に印象深かったもの”をひとつかふたつ,年によっては帰省先で現地調達した中古モデルなんかが加わる事もあります.
 今年持ちこんだキヤ95は年越し運転で使う初めての検測車ですが“2018年が堅実な一年になる事”という目標に因む意味もあって新年の一番列車にふさわしいと思いました.
 大軌のデボ1はディスプレイモデルの動力化ですが,“2017年はこの程度には加工・工作に手を動かしました”と言う象徴として登場させました.
 走らせる線路は40年前にこの趣味を始めた時に揃えたTOMIXとエンドウのエンドレス.パワーパックもそれに合わせた年代物(なのでコアレスモーター車ではとんでもない加速をする事があります).お座敷運転にもならない,ささやかな運行ですが,これまでのこの趣味の積み重ねを感じつつ来年もまた楽しませてもらおうとの祈念も込めてこれらを走らせます.
 2017年の最終列車は今年最後の入線となったキハ40烏山線仕様.七福神のシンボルマークをあしらったボディは年末年始の運行にぴったりですが,ここまで年越し運転に向いた車輛が最後に入線できた事にも何か縁のような物が感じられる気がします.
 そして2018年の幕開けを告げる時報と共に一番列車を走らせ,1年の無事を祈りました.