記事一覧

山口県山口市 倉田 智広

ファイル 18-1.jpgファイル 18-2.jpgファイル 18-3.jpg

【N】
今回もまた参加いたしました.ただ,この度は準備などの都合により,1列車のみとなってしまいました.
C62山陽形(呉線)(KATO)+24系25型客車・金帯“あさかぜ”JR東日本(トミックス)の編成です.
 2017年12月31日23時50分に出発し,これといったトラブルもなく走行し続けました.そして年またぎ列車の重責を果たし,2018年1月1日0時10分,走行を終了したのであります.
 2017年は,鉄道車輛はもちろんのことではありますが,駅前にあると何となく嬉しい建物や自動車にも手を出すことが多くなりまして.
 何だか鉄道車輛よりも力を入れているような機がします.列車をただ走らせるよりは駅を設けてそこから出発・到着させるとか,それに飽き足らず駅の周辺に建物を置いて,日々の暮らしを想像してみるとか,そういったのも鉄道模型の楽しみ方のひとつ,となりますと,建物や自動車に手を出すのも悪くはありませんかね(苦笑).

山梨県 T.O.

ファイル 10-1.jpgファイル 10-2.jpg

【16番】
・走行形態:お座敷運転(複線エンドレス)
・走行車輛:マイクロエース・キヤ95 TOMIX・キハ40烏山線仕様 DDF・大軌デボ1(動力化)
12年前に20年間中断していた鉄道模型の趣味を再開して以来,毎年暮れに年越し運転をするのが恒例となっています.
 数年前までは自宅のレイアウトで編成物の列車を運行するのが常で,年越し運転だけで大晦日を丸ごとつぶしたこともあったのですが,ここ数年は大晦日を600キロ離れた実家で過ごす事が多いため,実家に最低限の運転が可能なだけの線路とパワーパックを常備し,帰省時に車輛を持ちこんで年越し運転を行なう様になりました.持ちこめる車輛の数にも限りがあるので“その年の入線車輛の中から特に印象深かったもの”をひとつかふたつ,年によっては帰省先で現地調達した中古モデルなんかが加わる事もあります.
 今年持ちこんだキヤ95は年越し運転で使う初めての検測車ですが“2018年が堅実な一年になる事”という目標に因む意味もあって新年の一番列車にふさわしいと思いました.
 大軌のデボ1はディスプレイモデルの動力化ですが,“2017年はこの程度には加工・工作に手を動かしました”と言う象徴として登場させました.
 走らせる線路は40年前にこの趣味を始めた時に揃えたTOMIXとエンドウのエンドレス.パワーパックもそれに合わせた年代物(なのでコアレスモーター車ではとんでもない加速をする事があります).お座敷運転にもならない,ささやかな運行ですが,これまでのこの趣味の積み重ねを感じつつ来年もまた楽しませてもらおうとの祈念も込めてこれらを走らせます.
 2017年の最終列車は今年最後の入線となったキハ40烏山線仕様.七福神のシンボルマークをあしらったボディは年末年始の運行にぴったりですが,ここまで年越し運転に向いた車輛が最後に入線できた事にも何か縁のような物が感じられる気がします.
 そして2018年の幕開けを告げる時報と共に一番列車を走らせ,1年の無事を祈りました.

広島県広島市 永美石

ファイル 8-1.jpgファイル 8-2.jpgファイル 8-3.jpg

【N】
毎度お馴染み(?)可部線の電車で年越し運転です.今回は最後の17m級国電,クモハ12032とクハ16501.実車資料は自分で撮影した写真です.将来の模型化の為にと床下もしっかりと撮影しておきましたので,割と正確に工作できました.模型はグリーンマックスのキット改造.動力はトミーテックの鉄コレ17m級,その他タヴァサ,銀河モデルのパーツなど.クハ16501は床下にトラス棒の残っている珍しいものですが,私以外に作品を発表されているのを見たことがありません.最近は可部線の105系や123形,73形の製品も発売されていますが,それ以前の電車は人気も情報も少ない様です.可部線の17m級国電は,幡生でクモハ11117が保管されていますが,準鉄道記念物の指定が解除されたらしく,今後が不安です.
 今回はもう一本.アニメ映画“この世界の片隅に”に登場した呉線の列車.予告編公開時に全国の鉄道ファンに衝撃を与えた?戦時中の呉線を走る“門鉄デフ”の8620形.これはどう見てもSL人吉の58654.マイクロエース“SLあそボーイ”の58654を改造しました.煙突とテンダーを他の8620と更換.贅沢な改造だな.次位の荷物車はアニメ画面では“マニ32 6310”と読めますのでボナの戦後型マニ32のキットをそのまま組立てマニ32 63としました.続いてスハ32のダブルルーフとシングルルーフ.GMキット組立.アニメのシーンは川原石駅付近の呉軍港目隠し塀の脇ですので,これも作りました.隠される呉軍港はフジミの1:3000プラモデルを製作.大和,武蔵,長門,愛宕などを配置.これらは昨年8月に呉の大和ミュージアムで開催した模型クラブの定例作品展示会に出品したのですが,多くの観客は“品切れお宝状態”?の58654には感心がなく,背景の呉軍港を覗きこんでは“大和が二つ居る”“一個は武蔵じゃ”“副砲が対空砲に換わっとるじゃろ”などと話しています.場所柄,Nゲージより,艦船模型の方に興味が向くでしょう.会場の窓からは,本物の大和建造ドック(跡)が見えているし.次回は戦時型D52と客車代用のワキ1の予定です.

山口県防府市 M.T.

ファイル 2-1.jpgファイル 2-2.jpgファイル 2-3.jpgファイル 2-4.jpg

【N】
新年あけましておめでとうございます.年末の恒例行事となりました年越し運転も今回で5回目の参加となりました.
 今回走らせる列車は,1カ月前に買ったKATO製のミルウォーキー・ロード鉄道オリンピアハイアワッサを選び,これにあわせて同じ鉄道のクラスA4-4-2蒸気機関車が引くハイアワッサを準備しました.両列車とも特徴ある展望車輛を持った豪華列車です.
 年越し運転の舞台は,6畳の部屋に天井から鴨居の高さに吊り下げたパネル10枚を壁に沿わせて設置した複線エンドレスで構成した常設レイアウトです.前日までの大掃除の合間に線路の保守を終えておきカメラテストも準備万全でスタンバイさせておいたものです.
 カウントダウンの15分前から運転を開始し,時間が来るまで列車を眺めながらカメラチェックを兼ねて流し撮りをして遊びつつ,0時に合わせて撮影ポイントに列車を走らせてきてからカメラ撮影も無事に終えました.
 2018年を迎えた後もしばらく列車運転をしながらカメラ撮影も楽しみ,気づけば1時間近く過ぎ,家族の呆れた顔が浮かぶのでとりあえず終了させました.
 今回も年越し運転を無事終えることができ,本年も鉄道模型を楽しむことができる穏やかな1年でありますことを心から祈りました.

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ