記事一覧

大阪市平野区 上谷 祥一

ファイル 17-1.jpgファイル 17-2.jpgファイル 17-3.jpg

【16番】
今年も年越し運転を実施しましたのでご報告します.今年も例年通り,帰省先の神戸の実家にて実施しました.さて今年は,日本史上では明治維新150年という大きな節目を迎えます.加えて鉄道史上でも,一大ターニングポイントとなる昭和43/1968年10月1日に実施された白紙ダイヤ改正,世にいう“ヨンサントウ”のダイヤ改正から50年,また東北本線の全線複線化・全線電化から50周年になります.“ヨンサントウ”のダイヤ改正で無煙化にむけて蒸機全廃の動きが加速する一方で,特急や急行列車の新設や増設,電車化・気動車化により,全国的な高速列車網が整備され,583系寝台特急や485系特急電車,キハ181系やEF66形電気機関車の運用が開始されて,蒸機機関車と当時の最新車輛とが混在する鉄道情景が生まれ,40代後半以上の鉄道ファンが懐かしく思う「国鉄時代」の幕が切っておとされます.そこで今回の年越し運転は,ヨンサントウのダイヤ改正50周年,東北本線全線電化50周年を記念して東北本線の黒磯以北の交流電化区間,並びに奥羽本線で活躍した交流電機,交直両用電機を中心にして,16番日本型にて行いました.まず機関車ですが,ED75 3〜49号機×2輛,ED75 50〜83号機ヒサシ付き,ED75 100番代前期型(以上,全て1994年天賞堂製品),ED75 700番代(1997年天賞堂製),ED77(1999年天賞堂製),ついで,ED78形登場時前面窓プロテクター付(2013年天賞堂製),EF71形登場時前面窓プロテクター付(2013年天賞堂製),EF81五次・六次型ヒサシ付き(1999年エンドウ製),さらにDD51B寒地仕様×2輛(ともに2007年天賞堂ダイキャスト製品)もギャラリーとして参加しました.次に客車です.赤い交流電機には茶色の客車が良く似合います.というわけでスハ43系の座席車(KATO製),オハ35系の座席車(KATO製)を中心にして,マニ36×2輛(ともに1997年天賞堂製),マニ60(1996年天賞堂製)を組み込んで,昨年の年越し運転では実現出来なかったスハ43系とオハ35系から成る混成鈍行列車を牽引させました.また私はブルトレ・ブーム世代なので,20系客車8連(KATO製)と24系25形客車7連(KATO製)から成る寝台特急編成を,ED75 700番代とEF81に牽引させました.パワーパックはカツミ製KY-301を2台使用しています.最大出力16V,容量3A,トランジスタを用いた電圧制御で,デリケートなモーターを搭載したブラス製ロコもストレスなく走らせることができ満足しています.レールはカトー・HOユニトラックのR730とR790を使用して複線エンドレスを設置,渡り線,引き込み線を設けました.時間は31日の23時30分頃から,1日の0時30分まで行いました.私が小学6年生の頃に手にした世界の鉄道別冊『世界の鉄道模型』(朝日新聞社刊)に,天賞堂製の赤い交流電機が“赤べこ”と称されて紹介されていました.小学生の私にとって,天賞堂の赤電機は同社のC62 2号機・3号機と同様に,手の届かない物の象徴でありました.特にC62 2号機・3号機がゴールデンコンビなら,EF71・ED78はシルバーコンビともいうべき存在でした.1996年に待望の天賞堂製のC62 2号機・3号機を購入出来ましたが,EF71・ED78は現金払いを主義としているため(クレジットカードは持っていません)購入時期を逃してばかりで,ようやく手にすることが出来たのは2013年,いまから5年前のことです.奇しくもこの年,決定版ともいうべき天賞堂のブラス製C62 2号機・3号機(カンタム非搭載仕様)を再び購入し,ようやく子供の頃の夢が実現しました.もういつでも成仏できます(苦笑).581系寝台特急や485系特急電車,EF66形電気機関車もトミックス製品やムサシノモデル製品のおかげで手元に揃えることが出来ました.しかし子供の頃にあこがれていた車輛を所有できた一方で,あこがれの車輛たちは殆ど現役を退いてしまい,特急や急行列車も消えて都市間輸送は新幹線に移行してしまい,在来線の新型電車を見て,“かっこいいな”と思いつつも形式名が頭にでてきません.年月が経てば幹線の役割や運用車輛も移ろいで行くのは仕方がない事かもしれませんが,せめて模型の上では様々な列車が活躍した佳き時代の再現を目指して,これからも機会があれば年越し運転を行いたいと思います.

福岡県久留米市 H.Y.

ファイル 16-1.jpgファイル 16-2.jpg

【16番】
2018年への年越し運転は,C12の牽く混合列車です.
 23時45分,万年製作中の16番レイアウトに電源投入,機関庫を出たC12は列車の先頭に立ち,発車の時を待ちます.
 23時50分,腕木が下がって,下り列車は出発進行,エンドレス5周の後,始発駅によく似た途中駅に到着しました.凍てつく大晦日の夜,乗り降りする人もなく,列車は再びエンドレスを走ります.
 今度は7周で終着駅に着きました.やっぱり始発駅に瓜二つです.駅員たちが新年のあいさつを交わしています.構内ではC12が行ったり来たりするうちに貨車の入換が終わり,上り列車の準備が完了しました.
 そして24時05分,控えめな汽笛を残し,列車はホームを離れて行きました.
 “パパー,あけましておめでとう”妄想を破る娘の声が響きます.本年も,鉄道模型と家族とともに過ごす健やかな一年であることを願って,初詣に出かけることにしましょう.

埼玉県さいたま市 N.I.

ファイル 15-1.jpg

【16番】
昨年に続き,2回目の参加です.今回はレールとパワーパックがエンドウ製,車輛は中古で手に入れた有限会社 遠藤商店模型製作部製のキハ10系シリーズ3連と,“エンドウ”で統一してみました.

東京都杉並区 R.O.

ファイル 14-1.jpg

【16番】
新居にて年越し運転を実施しました.カトー製R370のエンドレスで,2016年JAMのチームおやびんのお題である軽快気動車を中心に運転しました.

札幌市(東京都北区)K.H.

ファイル 12-1.jpgファイル 12-2.jpgファイル 12-3.jpgファイル 12-4.jpg

【16番】
編集部の皆様,明けましておめでとうございます.年越し運転は2年ぶりの参加になります.一昨年より東京に単身赴任中ですが,引越し荷物にはしっかり鉄道模型を積込み,引越し先では一部屋を占領して普段からお座敷運転を楽しんでおります.レールも以前のカツミ製の金属道床レールからエンドウのニューシステムレールに更新し,小判型のエンドレスに引き込み線を2線組み込んでいます.ただ有効長が足りないために,本線走行の列車の入換は編成ごとにできないのが悩みです.ただ,自宅で16番の鉄道模型をいつでも走行できるのは,贅沢なのかもしれませんね.
 単身赴任先での年越しです.年越し運転の客車はカトーの20系寝台客車7輛でいこうと早々に決めましたが,けん引機関車が決まりません.以前の運転ではEF80やED75といった常磐口の寝台特急のけん引機を運用させましたが,過去と同じ編成での年越し運転では芸が無く,どうしようかと思案していたところ,はたと12月にJR30周年を記念してEH500とカシオペアの組合せが実現したことを思い出し,北海道でDF200がカシオペアをけん引していたのだから,DF200と20系客車の組合せもアリじゃないかと考え,トミックス製のDF200を運用させることにしました.ただ,機関車も客車も購入のままであり,ナンバーも入れていません.インレタ貼りが苦手な自分に,年越し運転までにナンバー貼りをすることは無理と早々に諦め,機関車,客車の両方とものっぺらぼう状態という,何とも締まらない状況となりました.
いよいよ運用開始の時刻が近づいてきます.年越しそばも食べ,お屠蘇も準備というか,既に夕方から飲み続けての,完全に酔っ払い状態の23時50分に,DF200と20系客車は静かに運転を開始.順調に走行し,2018年を迎える時報をバックに,無事に年越し,0時20分に年始最初の運転が終了しました.その後は,側線の控える王道のEF80を運用に投入し,深夜運転を継続しています.
 一方,のっぺらぼうのDF200ですが,投稿用に撮影した写真を見れば見るほど間抜けに見え,これではいかんと,正月中に一念発起,自分の思い入れのある2号機を選択し,だるまの目入れよろしくナンバー貼りを敢行しています.ナンバーを貼り終わった機関車を眺めながらの一杯は最高です.何だか運転三昧なのか,飲酒三昧なのか,はっきりしない正月運転です.
今年も楽しい誌面作りを期待しています.

神奈川県相模原市 T.S.

ファイル 11-1.jpg

【16番】
今回のお題は,EB58と自由形2軸客車.
 まだ,内と外との区別がつかない幼年期.親に連れられ,東京西郊の町に行くたび,軒先に大きな木製の電車が吊るされた,模型屋のショーウィンドウを眺めるのが倣いでした.
 正月が近い冬の或る日.飾ってあった小さな電気機関車をねだったところ,“これはお金持ちが買うもの”と言われ,幼心に“おとなになったらお金持ちになって機関車を買う”と決心して幾星霜.
 残念ながら模型屋はなくなり,“お金持ち”にもなれませんでしたが,願い叶って小さな電気機関車と揃いの客車を,我が車列に加えることができました.さて,エンドレスを敷きまわし,小さな電気機関車を走らせれば,武蔵野を吹き抜ける空っ風と,茜色に染まった冬の夕焼空が,脳裏に浮かんでまいります.
 来る年が,良い年でありますように.かくして,2017年12月31日23時45分〜2018年1月1日0時15分にかけての越年仕業は,無事に完了致しました.

静岡県静岡市 K.O.

ファイル 7-1.jpgファイル 7-2.jpg

【16番】
大村鉄道(本社:静岡市葵区竜南)では去る2017年12月31日23時59分頃より,2年ごとの室蘭で年越し運転を実施しました.同社室蘭本線(於:室蘭市天神町の妻の実家)は今回縮尺1:80,軌間16.5mmに改軌,KATOのR370のエンドレス.車輛は昨年の紙成模型塾の課題作,小田急デハ1600型岳鉄色.小学2年の娘も運転に参加しました.
 昨年から鉄道友の会・静岡支部に入部.今年はPTAなど公私多忙を極めますが,本職に支障しない範囲でストレス発散に模鉄をしたいと思います.
 岳南電車・静鉄などペーパーキットも直近3月25日岳南江尾駅の電車まつりで製作実演をやります.
HP「紙の電車」も宜しくお願いします.
http://www.papertram.com

ページ移動