記事一覧

レイルについて

“レイル”の始まりは昭和53/1978年のことです.
 企画したのは黒岩保美です.黒岩といえば,長らく国鉄の車両設計事務所に在籍して多くの特急のヘッドサインをはじめ,国鉄車輛の表記文字をデザインした人です.“国鉄書体”と呼ばれる文字の多くは,黒岩が正式に図面化したものです.もっとも大きく,印象に残る業績としては,四つ葉のクローバーをデザイン化した,グリーン車のマークがあります.
 そして同時に,昭和10年代からの熱心な鉄道趣味人でもありました.写真やムービーの撮影,絵画と,精力的に鉄道情景を記録し続けました.その記録の一環として,月刊誌や書籍の編集,レイアウトにも取り組み,月刊誌“鉄道ピクトリアル”の編集を手伝い,“鉄道ファン”では二代目編集長を勤めました.
 その黒岩が,プレス・アイゼンバーンで創刊した月刊誌が“レイル”でした.“ちょっと古い”鉄道の話題を積極的に採り上げ,記録するのが主な目的の一つだったのです.この月刊“レイル”は,途中で若者向けの月刊誌“マイレイル”と合流しつつ,約2年間刊行されました.
 昭和55/1980年には,諸般の事情で月刊誌から,“とれいん”の増刊号として不定期刊化されることになりました.それを機会に,判型は従来のB5から,“とれいん”と同じA4変形判にワイド化されました.これが,現在の“レイル”の,直接的な原点です.今のシリーズ番号は,この時の巻から勘定しています.
 昭和58/1983年には,増刊号扱いから,書籍扱いへと変更されます.本屋さんでの扱いが“雑誌”から“書籍”になるというのは,取引条件などが変動するわけですが,見た目には変わるところはほとんどありません.
 このように,判型や取り扱いの形態は,何度か変化しましたけれど,その理念は,まったく揺るぐことなく引き継がれています.“ちょっと古い”鉄道の話題がメインとはいえ,単なる懐古,そして回顧趣味に陥ることなく,現代や未来の鉄道へと繋がるような編集を目指し続けています.
 一冊で幾つかの話題を組み合わせることによって,1冊の単行本に纏めることが難しい話題を採り上げることが可能ですし,一方では,スペースの都合に制約されることなくテーマを展開することができる自由自在さも,“レイル”の特長のひとつといえます.
 内容的にも,極めて地味な研究記事から気軽な日常の記録発表まで,どのような記録でも硬軟問わずに採り上げますし,日本国内から外国の鉄道まで,守備範囲に制限は設けていません.
 そんな,無限の可能性を秘めているのが“レイル”なのです.

Rail No.66

ファイル 67-1.jpg

昭和43年10月ダイヤ改正

■中国・鶏西炭鉱鉄道

昭和43/1968年の10月1日,国鉄は大規模なダイヤ改正を実施しました.設備的には東北本線の全線電化複線化完成が最大のエポックですが,それとともに動力近代化のペースに加速がついたのも,このダイヤ改正前後からでした.
 その全貌を語るためには膨大な紙数を必要とします.そこで今回は,まず,三宅俊彦さん所蔵の貴重な記録や資料から,旅客列車の運転の変遷を軸に語っていただくこととしました.その時代のファンの活動の一端は,鉄道友の会東京支部の若手メンバーとして活動しておられた関 崇博さんが詳細に語って下さいました.千代村資夫さんは,ごく短いながらも当時全国各地で見ることができた“多層建列車”の実例を示されています.河村かずふささんも,木曽路通いの思い出を記されました.あの頃の全国各地の懐かしい情景が,今ここに甦ります.
 恒例の現代中国蒸機は,黒龍江省の鶏西炭砿鉄道です.

定価:本体3,600円+税

電車の風景 No.6

ファイル 114-1.jpg

過去5年にわたって,この時期に年1回ペースで発刊して参りました“電車の風景”ですが,予想外のご好評をいただきまして,6冊目を企画いたしました.  本書はローカル私鉄に限らず,小型電車であれば都市近郊の私鉄でも守備範囲です.今回の表紙は東急玉川線,通称“たまでん”が駒沢電停付近を往く姿で,“三丁目の夕日”そのものの街並みに,グッと惹きつけられます.これと名鉄がメインとなりますが,名鉄の方も木造車を集めたという渋いもの.いずれも40年以上前の姿とはいえ,今日のありようからすれば想像もつきません.また,ローカル私鉄の方は,ゲテモノの宝庫であった岳南鉄道をはじめとして,今回も盛りだくさんです.これらの貴重な記録を,形式写真を中心に1ページあたり1~2点という,既刊と変わらぬ贅沢なレイアウトでお目にかけます.

■本書に登場する鉄道(登場順)
カラーグラフ…スイス登山鉄道・ユングフラウへの道(WAB,JB)
郊外電車 思い出のカラー(カラー・ダイジェスト)…阪神国道線/近鉄生駒線/近鉄伊賀線/岳南鉄道/東急玉川線/新潟交通/阪急/札幌市電
本文…札幌市電/新潟交通/茨城交通水浜線/東急玉川線/岳南鉄道/名鉄の木造車/近鉄伊賀線/阪急の小型車/大分交通別大線

定価:本体3,500円+税

蒸機の時代 No.32

ファイル 103-1.jpg

● 思い出の蒸気機関車
● 真岡鉄道蒸機列車
● カナダBCレイルの風景 ブリティッシュ・コロンビア鉄道
● 庄野鉄司作品集 その5 中央西線の思い出 1
● 富士山とD52 御殿場線
● 花輪線のお召し列車
● 機関区情景 福島,白河区のC59
● 飛騨川に沿って 高山本線
● 出雲坂根
● C10
● 五日市線回顧
● 2軸ボギー客車(その2)

定価:本体2,848円+税

バックナンバーの内容はこちらからどうぞ

Rail No.65

ファイル 66-1.jpg

日光行き

■EF65定点観測
■桑名電軌
■江古田駅50年前
■旧呉海軍工廠

今から50年前といえば昭和30年代前半.戦争の傷痕もようやく目立たなくなり,次への力強い助走が始まった時代です.
 そんな時代のできごとから,日光紀行,西武鉄道江古田駅の様子,呉海軍工廠跡地の様子をそれぞれの写真と文章でお届けします.
 また,新しい保安装置の使用開始に伴って関東地区から姿を消したJR貨物のEF65一般形と500番代.10年前に千葉で定点撮影された,そのころの姿を振り返ってみました.
 もっと古い話題としては,わずか1kmほどの営業路線しか持たず,しかも第2次世界大戦中に廃止されてしまった,桑名電軌を探訪します.
 外国の話題は,恒例の中国蒸機が内蒙古自治区のジャライノール炭砿.そしてキューバに残る生粋インターアーバンの面影をご覧いただきます.

定価:本体3,500円+税

蒸機の時代 No.31

ファイル 102-1.jpg

● 秩父鉄道C58 363
● 中国黒龍江省南岔,蒸機終焉間近の頃
● 庄野鉄司作品集 その4 信越本線ー上信越高原に沿って
● 道南の函館本線
● 飯山線ー千曲川沿いを行くC56
● 機関区情景
● 胆振線の“九六”
● 奥羽山脈越えのC58ー陸羽東線
● ポーランドのSL
● 2軸ボギー客車(その1)

定価:本体2,848円+税

バックナンバーの内容はこちらからどうぞ

Rail No.64

ファイル 65-1.jpg

東海道新幹線・鴨宮モデル線区を顧みる

■承徳追想
■米沢近辺 追補

昭和36/1961年から,昭和39/1964年の開業前まで存在した“新幹線モデル線区”.今では記憶の片隅にしか残っていないかもしれない,しかし,その後の新幹線の行方を決める大切な施設だった“新幹線モデル線区”.
 そのモデル線区と基地の様子を記録に留めるべく,建設過程から業務の実際まで,3人の趣味人に語っていただきました.最初は,仕事として関わっておられた久保 敏さん.二人目は,地元在住者として観察日記をつけておられた磯兼雄一郎さん.そして三人目が,趣味人として現地を訪問した河村かずふささんです.
 それぞれの視点から見た貴重な写真も,“モデル線区”に関してはかつてないボリュームです.
 中国蒸機レポートの第4回目は,中国河北省の承徳に存在した製鉄所の専用鉄道の様子と,その意外な前歴を,さらに緻密な調査で蔵重信隆さん寄せて下さいました.
 また,レイル62号に掲載された米沢近辺の写真から花開いた,仲間うちでの思い出話.気楽な語り口で,重要な歴史的事実が語られます.

定価:本体3,500円+税

蒸機の時代 No.30

ファイル 101-1.jpg

● 日高本線,絵笛にて
● 高梁川に沿って 伯備線
● ワシントン州に大小の蒸機を訪ねて
● 庄野鉄司作品集 その3 房総の「かもめ」房総西線 岩井ー富浦にて
● 北陸旧線の思い出
● 八高線を訪ねて
● 越美北線“ハチロク”お召列車
● 奥能登を走った蒸機列車 ふるさと列車「おくのと」
● 甲賀忍者と信楽焼の古里 草津線
● 伊予鉄道 横河原,森松線の車輛
● ダブルルーフ客車 (その2)

定価:本体2,848円+税

バックナンバーの内容はこちらからどうぞ

懐かしの小田急線 昭和30~40年代を偲ぶ 著者:生方良雄 編

ファイル 149-1.jpg

開通80周年,ロマンスカー運転開始50周年を迎えた小田急電車.春には,初めての地下鉄乗り入れロマンスカーも走り始めます.
 いつの時代にもたくさんの楽しい話題を提供してくれる小田急電車とその沿線.
 そんな,数え切れないほどのエピソードから,昭和30~40年代の,情緒あふれる沿線情景と電車の様子をたっぷりと集めたのが,この本です.
 写真は,小田急電鉄のお話しに欠かすことのできない,生方良雄氏をはじめ,山岸庸次郎,川島常雄,赤石定次の,小田急電鉄OBを中心としたベテランファンの手による,数多い作品から選りすぐった,見応えのあるものばかりです.
 それぞれの写真への解説も,電車のことだけではなく,むしろ周囲に写りこんでいる光景について,思い出などを含めて詳しく記されています.今でも語り継がれているようなエピソードはもちろんのこと,今では想像もつかないような出来事や,忘れ去られてしまったような情景のことなども,ふんだんに盛り込まれています.


【目次】
カラー写真で見る 小田急沿線 想い出の昭和 …2
沿線風景,新宿から出発 ……………………………10
昭和30年頃の江ノ島海水浴輸送の思い出 …………108
昭和30年代渋沢付近,四十八瀬追想
小田急電車の出てくる映画 
小田急電車について …………………………………118
あとがき ………………………………………………128


版形:A4変形 128ページ 巻頭カラー

定価:本体3,300円+税

鉄道模型人2

ファイル 123-1.jpg

●鉄道模型人2の主な内容(目次より)
・C51はこんな色だった
  カラー・フィルムに留めたその終末
・作った!C51の十三形態
  山陰地区での末期在籍機を中心として
・私のホビーライフ 石原裕紀
・山陰本線を中心としたC51の形態分類について
・C51のバラエティー
・ある機関車の「使用前」から「使用後」を追って
  ピッツバーグ製の210形1B1タンク機関車
・写真に見る
  日本に来たピッツバーグ製機関車たち
・ノーブルジョーカーの「十人十色」

通常の月刊誌ではなかなか収録できない大形記事を楽しんでいただくために制作した,きわめて贅沢な特別号です.今回は名機C51の形態ヴァリエーションを一人で13台造り分けた執念のモデラーの作品アルバム,そしてC51の形態分類に関していままでほとんど語られていなかった項目を詳しく解説した実物グラフ,話題を一変して,米国ピッツバーグ社が日本に輸出した傑作揃いの機関車たちを古典蒸機に造詣の深い宮田弘行氏に語っていただいた機関車随想,そして,こだわりモデラー揃いのベテランサークルである「ノーブルジョーカー」の紹介,をお楽しみください.(責任編集者:松本謙一)

定価:本体4,600円+税