記事一覧

Rail No.26

ファイル 26-1.jpg

南の空,小さな列車(下)

完売御礼

Rail No.25

ファイル 25-1.jpg

南の空,小さな列車(上)

完売御礼

Rail No.24

ファイル 24-1.jpg

能勢電鉄の歴史と現況

■在香港山頂纜車・雙層電車
■昭和天皇のお歌に寄せて御料車を思う
■対談:渡辺精一氏にきく昭和初期の鉄道趣味

第一テーマは単なる田舎電車から堂々たる通勤路線に変貌を遂げた能勢電鉄の歴史と現況。ポールを振りかざして走りはじめた頃から、阪急電鉄2100系を譲り受けて冷房車を登場させた当時までの歴代の電車を美しい写真と形式図で紹介。路線の変遷も克明に記録。第二テーマは田辺幸夫氏による“昭和天皇のお歌に寄せて御料車を思う”、渡辺精一氏に聞く“昭和初期の鉄道趣味”。連載の“台車のはなし”は私鉄の単台車編。“蒸機全盛時代の特急・急行”は東海道・山陽本線の続き。外国鉄道は香港の二階建電車。

定価:本体3,301円+税

バックナンバーの内容はこちらからどうぞ

Rail No.23

ファイル 22-1.jpg

旧台湾総督府鉄道の蒸気機関車

■美しのOBB310
■C5343の運用とその客車
■阪急2800系ロマンスカー

第一テーマは旧台湾総督府鉄道の蒸気機関車研究。明治時代から1970年代の蒸気機関車現役末期までの姿をグラフ構成。また、寺島京一氏の豊富な資料から台湾に活躍した蒸気機関車の全貌を探る。第二テーマは阪急電鉄京都線の不朽の名車2800系の誕生から特急離脱までを研究。国鉄の特異な流線形蒸機C5343の現役時の運用を探る小研究や東京・王子に存在した軍用鉄道の記録紹介も貴重。外国鉄道は、オーストリアの名急行用蒸機310形の動態復活を記念して、かつての姿と現在の姿をグラフと図面で紹介。

定価:本体3,300円+税

完売御礼

Rail No.22

ファイル 23-1.jpg

北線路-never again(下)

No.19、20の関東編に引き続いて湯口 徹氏の私鉄紀行北海道編。下巻では羽幌炭砿鉄道、天塩鉄道、留萌鉄道、士別軌道、三井鉱山芦別鉄道、北海道拓殖鉄道、十勝鉄道、雄別炭砿鉄道、釧路臨港鉄道を紹介。

定価:本体4,500円+税

バックナンバーの内容はこちらからどうぞ

Rail No.21

ファイル 71-1.jpg

北線路-never again(上)

No.19、20の関東編に引き続いて湯口 徹氏の私鉄紀行北海道編。上巻では寿都鉄道、札幌市交通局、定山渓鉄道、三菱鉱業美唄鉄道、夕張鉄道、三菱鉱業大夕張鉱業所、三菱鉱業芦別鉱業所専用鉄道、北海道炭砿汽船真谷地鉱業所専用鉄道、三井鉱山砂川鉱業所奈井江専用鉄道を紹介。

定価:本体4,500円+税

完売御礼

バックナンバーの内容はこちらからどうぞ

Rail No.20

ファイル 20-1.jpg

からっ風にタイホーンが聴える(下)

完売御礼

Rail No.19

ファイル 19-1.jpg

からっ風にタイホーンが聴える(上)

湯口 徹氏の私鉄紀行、関東編。上巻では茨城交通湊線、同茨城線、鹿島参宮鉄道鉾田線、同竜ヶ崎線、常総筑波鉄道筑波線、同常総線を紹介。1987年2月発行の下巻No.20は品切れ中だが、こちらでは九十九里鉄道、小湊鉄道、西武鉄道上水線、日本ニッケル(上武鉄道)、草軽電気鉄道、東武鉄道矢板線、東野鉄道を紹介している。

定価:本体3,300円+税

バックナンバーの内容はこちらからどうぞ

Rail No.18

ファイル 18-1.jpg

野岩鉄道とその車輛について

■C571最後の解体修理を支えた男たち
■AEGの10トン電気機関車
■思い出の五日市線 戦中・戦後

メインテーマは京福電車の歴史と現況。当時の京都支社3線区であった嵐山線と叡山・鞍馬線、そして福井支社の歴史を京都在住のファン中田安治氏の筆と写真で綴る。京都支社の3線区はその後分離、周辺の環境も激変している。第二テーマのひとつは、当時開発されたばかりの2軸レールバスを各地の第3セクター鉄道に訪問し、また、第2次世界大戦以前の軽量内燃動車の歩みも振り返る林 春一氏の記事。吉雄永春氏の“ファンの目で見た台車のはなし”、古山善之助氏による“蒸機全盛時代の国鉄の特急・急行列車”はともに連載第3回目。外国鉄道はドイツ鉄道150年祭の訪問記。

定価:本体3,000円+税

完売御礼

Rail No.17

ファイル 17-1.jpg

京福電車の歴史と現況

■レカからRecaへ
■ファンの目で見た台車のはなしⅢ
■蒸機全盛時代の国鉄の特急・急行

メインテーマは京福電車の歴史と現況。当時の京都支社3線区であった嵐山線と叡山・鞍馬線、そして福井支社の歴史を京都在住のファン中田安治氏の筆と写真で綴る。京都支社の3線区はその後分離、周辺の環境も激変している。第二テーマのひとつは、当時開発されたばかりの2軸レールバスを各地の第3セクター鉄道に訪問し、また、第2次世界大戦以前の軽量内燃動車の歩みも振り返る林 春一氏の記事。吉雄永春氏の“ファンの目で見た台車のはなし”、古山善之助氏による“蒸機全盛時代の国鉄の特急・急行列車”はともに連載第3回目。外国鉄道はドイツ鉄道150年祭の訪問記。

定価:本体2,800円+税

完売御礼