記事一覧

忘れ得ぬ 鉄道情景 No.1

ファイル 197-1.jpg

とれいん7月号増刊
忘れ得ぬ鉄道情景 No.1 のご案内です

キネマ旬報社刊「蒸気機関車」誌ののびのびとした雰囲気と
交友社刊「SL」誌の格調の高さをあわせ持つ雑誌を目指して本誌をお届けします.

1960年代末から1970年代、当時の若い鉄道ファンたちにとってカリスマとなった鉄道写真文学の制作集団がありました。その名は「けむり」プロ。

慶応高校のOB7名が在学中の日本国内の私鉄専用線や軽便鉄道で撮影した蒸機の写真をベースに大学以後は台湾、インド、南米にも脚を展ばし、芸術性の高い写真と詩情豊かな文章でそれらを語りつつ次々に鉄道趣味誌上に発表する活動は、当時はもちろん、のちのちの中学生、高校生までおも魅了せずにおきませんでした。

「けむりプロ」のメンバー自身はその後実業の世界で活躍する身となり発表活動はほとんどできなくなりましたが、その影響を受けた世代が「けむりプロ」の活躍を少なからず意識し憧れて、心の師と仰ぎ続けてきました。

しかし、その後、日本の鉄道趣味界が迎えた趣味雑誌の乱立時代からインターネットによる情報の氾濫の中で、皮肉にも「鉄道の詩情を語る場」は急速に失われてしまいました。

即物的な情報があふれ尽くした昨今、かつて青春時代を「けむりプロ」と共に歩んだ世代の間から、あのメルヘンにも似た「けむりプロ」のテイストで鉄道の詩情を味わいたい、という欲求が高まってきました。

折から「けむりプロ」のメンバーにも多忙な現業を離れ、ふたたび鉄道趣味に存分な情熱を傾けられる時が来ました。

そこで持ち上がったのが、この企画です。「けむりプロ」メンバーが直接企画監修し、古今東西の味わい深い鉄道写真の名作を再評価したり、世界の知られざる小鉄道が生み出す特選級の鉄道情景を語る場を、月刊「とれいん」別冊シリーズとして提供していきます。

いまなお「けむりプロ」作品を至高のものとし、「けむりプロ」作品と歩んだ青春時代を忘れない、50代を中心としたハイ・レヴェルな鉄道愛好家たち、すなわち鉄道鑑賞を生涯の楽しみにすることに決めている、最も本格的な熟年ファン層の心に染み入るシリーズとなることは確実でしょう!!

目次より
●忘れ得ぬ鉄道情景 
●北越雪譜 冬の頸城鉄道を撮る/安保 彰夫
●ハンサム・ボーイ,チャレンジャ−の誕生
 軸配置・4-6-6-4をハンサムと称していいか/中村 彰宏
●U.P.のChallengerとアメリカ
 Union Pacific R.R. Challenger 3985 in Las Vegas/杉 行夫
●明礦平山汽車くらぶ
●Amy Beckの挑戦 Cass Scenic R.R.の女性機関助手/松本 謙一
●初夏の頃 京都の硯鉱山/内田 良治・小林 隆則
●インドの象の機関車/磯貝 純
●利根川のナベトロ列車 −それは一つの事件であった−/須永 秀夫
●魔境LEDO インド最後のBAGNALL/高野 陽一
●成田ゆめ牧場「まきば線」だより/羅須地人鉄道協会
●地図の頁(明治礦業平山礦業所・利根川のナベトロ列車に関する)
●大木 茂写真集 「機罐車 よみがえる鉄路の記憶1963-72」について 

編集:日本文化リサーチ
発売元:株式会社エリエイ プレス・アイゼンバーン

5月21日(月) 発売
定価:本体3,800円+税

Rail No.82

ファイル 196-1.jpg

4月21日(土)発売のレイル最新刊のご案内です

■武庫川をめぐる鉄道風景
丹波に発し,大阪湾に注ぐ,武庫川.その約66kmの流れの途中には,数多くの鉄道が横切っています.失われた路線を含めれば,上流から数えて福知山線に4ヵ所,神戸電鉄に1ヵ所,阪急電鉄と阪神電鉄に各2ヵ所,そして山陽新幹線と東海道本線にそれぞれ1ヵ所ずつの,合計11ヵ所です.
 これらの鉄道とその前後の風景についての写真や思い出話,そして現況を早川昭文さんからいただきました.題して“武庫川をめぐる鉄道風景”.
 写真は昭和初期のC5343が牽く“燕”からN700系“さくら”までの国鉄/JRの花形たちに加え,主に昭和30〜40年代の各鉄道の主役たちが勢揃い. そして歴史的考証は,川上喜章さんと星野真太郎さんが福知山線の線路付け替え跡を歩き,武庫川を渡らないものの堤防沿いに走る阪神武庫川線の奇妙な起源とその後の歩みを星野真太郎さんが纏めてくださいました.
 1本の川を取り巻くバラエティー豊かな鉄道の表情をお楽しみください.

もうひとつの稿は,昭和9/1934年の大風水害で鉄橋が流された,当時の中国鉄道…現在の津山線で実施された渡船連絡と鉄橋復旧までの歩みです.地元に残された史資料を,星野真太郎さんが丹念に発掘,当時を誌面で再現してくださいました.

4月21日(土)発売 定価:本体3,600円+税

バックナンバーの内容はこちらからどうぞ

蒸機の時代 No.47

ファイル 195-1.jpg

■第47号の主な内容(登場順)
七尾線 能登鹿島の春
大井川鐵道 桜のトンネル
日中線のC11
渾江の建設形とC2形
庄野鉄司作品集
 石北峠越えの思い出
肥薩線川線のC57
常磐線 大震災不通区間回想
高森線の混合列車
会津・只見・日中線のC11
北海道 昭和29年夏
大畑森林鉄道
鉄道情景

とれいん5月増刊
3月21日(水)発売
定価:本体3,000円+税
A4判横綴じ84ページ(内カラー16ページ)

バックナンバーも好評発売中です
第25〜32号…各巻 定価:本体2,848円+税
第33号〜……各巻 定価:本体3,000円+税
[品切れ:第1号~24号]

バックナンバーの内容はこちらからどうぞ

Rail No.81

ファイル 194-1.jpg

1月21日(土)発売のレイル最新刊のご案内です

■上野駅発着の夜行客車列車と機関車
かつて上野駅の夜と朝を彩った幾多の夜行列車たち.その多くが姿を消してから,早くも30年が経とうとしています.
 東北・奥羽・常磐方面だけでも,“八甲田”,“津軽”,“十和田”,“おが”,“あけぼの”,“北星”,“ゆうづる”,“新星”…….上越信越方面を加えるなら,それは数え切れない数になります.
 今回はそれら夜行列車の中から,東北・奥羽・常磐方面を往来した客車列車について新幹線開業前10年間の足跡をたどり,その他の方面を含めて上野駅に出入りした機関車たちの面影を追い求めてみました.
 列車運転史については三宅俊彦さんに,いつも通り綿密な調査により体系的に語っていただきました.
 機関車の,ディテールを中心とした説明はふちい萬麗さんです.
 グラフページでは,上野駅の情景や沿線各地での貴重な列車写真によって,当時を思い出していただくことにしました.

足掛け6年,17回に及ぶ連載が続いた“現代中国蒸機の世界”は,いよいよ最終回です.未紹介だった各地の蒸機たちの様子をまとめて掲載するほか,既にレポートした鉄道についても,その後の再訪問や調査で判明したことがらや変化をお伝えしています.

1月21日(土)発売 定価:本体3,600円+税

バックナンバーの内容はこちらからどうぞ

蒸機の時代 No.46

ファイル 193-1.jpg

■第46号の主な内容(登場順)
甦ったハドソンC61 20
プレスニッツタール鉄道
懐かしの米坂線
 その2 冬の陣
山陰にC54を求めて
ひと夏の播但線
南国のC61
木曽王滝森林鉄道
木曽谷のボールドウィン
 王滝森林鉄道
木曽路の保存鉄道と記念碑

とれいん2月号増刊
12月21日(水)発売
定価:本体3,000円+税
A4判横綴じ84ページ(内カラー16ページ)

バックナンバーも好評発売中です
第25〜32号…各巻 定価:本体2,848円+税
第33号〜……各巻 定価:本体3,000円+税
[品切れ:第1号~24号]

バックナンバーの内容はこちらからどうぞ

松木壽雄 写真集 山形の鉄道情景 昭和30〜40年代 (下)

ファイル 192-1.jpg

松木壽雄 写真集 
山形の鉄道情景 
昭和30〜40年代(下)

新発売のご案内です.

今甦る! 懐かしい山形の鉄道風景
北は新庄・雄勝峠,南は米沢・板谷峠.東は山寺・面白山,西は鳥海山麓・日本海…….背骨のように南北を貫く奥羽本線を軸に,日本海と太平洋を東西に結ぶ陸羽東線と陸羽西線,仙山線と米坂線,さらに長井線や左沢線,山形交通尾花沢線といった支線区,そして日本海に沿った羽越本線……山あり海ありの変化に富んだ風景を走るのが山形の鉄道です.
 走る車輛も,最新型の特急列車から小さな機関車が牽くローカル列車までさまざま.
 C51からC57まで,EF16やEF64,そして華やかに登場したキハ82まで,バラエティ豊かです.
 そんな山形の鉄道の昭和30年代から40年代にかけての姿を記録したのがこの写真集です.
 撮影者は山形県米沢市出身東根市在住の松木壽雄さん.国鉄の車掌として東北一円の鉄道を観察,美しい情景を撮影し始めたのが昭和30年頃.以来,折りに触れて車輛や風景を記録し続けてきました.
 趣味人として,そして鉄道マンとして,両方のカメラアイによって記録された,山形の美しく懐かしい鉄道情景.上下巻あわせて200頁余に纏めました.

A4変形判/カバー付き/本文各112頁/総アート紙  
10月21日(金)発売
定価:本体3,600円+税

上下巻 完結!

上巻も大好評発売中です!

Rail No.80

ファイル 191-1.jpg

10月21日(金)発売のレイル最新刊のご案内です

■街ともに人とともに 在りし日の京都市電を偲ぶ
昭和36/1961年に“N電”こと京都市電北野線が廃止されてから50年が経ちました.
 その後,伏見・稲荷線を皮切りに本格的な廃止が始まり,京都から市電が姿を消したのは,昭和53/1978年のことです.
 福田静二さんは,その間の京都市電の移り変わりを地元で眺め,記録し続けました.それも,単なる記録写真にとどまらず,沿線の人々と電車との関わりを,豊かな感受性をもってフィルムに焼き付けられました.
 今回の“レイル80号”では,そんな京都市電最後の17年間をメインテーマとしてお届けします.
 年度ごとのネットワーク地図,車輛配置表も掲載しています.お見のがしなく!

また,JR東日本の手によってC61 20が復活したことにちなんで,現役時代のC61のあれこれを,写真と当時の思い出で早川昭文さんが紹介してくださいます.
 中国の現役蒸気機関車も,いよいよ数を減らしています.今回は遠く新疆ウイグル自治区の煙.“天山山脈の南 新彊三道嶺炭鉱専用線”をご紹介します.

10月21日(金)発売 定価:本体3,600円+税

バックナンバーの内容はこちらからどうぞ

松木壽雄 写真集 山形の鉄道情景 昭和30〜40年代 (上)

ファイル 190-1.jpg

松木壽雄 写真集 
山形の鉄道情景 
昭和30〜40年代(上)

新発売のご案内です

今甦る! 懐かしい山形の鉄道風景
北は新庄・雄勝峠,南は米沢・板谷峠.東は山寺・面白山,西は鳥海山麓・日本海…….背骨のように南北を貫く奥羽本線を軸に,日本海と太平洋を東西に結ぶ陸羽東線と陸羽西線,仙山線と米坂線,さらに長井線や左沢線,山形交通尾花沢線といった支線区,そして日本海に沿った羽越本線……
 山あり海ありの変化に富んだ風景を走るのが山形の鉄道です.
走る車輛も,最新型の特急列車から小さな機関車が牽くローカル列車までさまざま.
C51からC57まで,EF16やEF64,そして華やかに登場したキハ82まで,バラエティ豊かです.
そんな山形の鉄道の昭和30年代から40年代にかけての姿を記録したのがこの写真集です.
撮影者は山形県米沢市出身東根市在住の松木壽雄さん.国鉄の車掌として東北一円の鉄道を観察,美しい情景を撮影し始めたのが昭和30年頃.以来,折りに触れて車輛や風景を記録し続けてきました.
趣味人として,そして鉄道マンとして,両方のカメラアイによって記録された,山形の美しく懐かしい鉄道情景.上下巻あわせて200頁余に纏めました.

A4変形判/カバー付き/本文各112頁/総アート紙  
9月21日(水)発売
定価:本体3,600円+税

下巻は10月下旬発売予定です. ご期待ください!

蒸機の時代 No.45

ファイル 189-1.jpg

蒸機の時代最新刊 No.45のご案内です

■第45号の主な内容(登場順)
寿都鉄道
フィヒテルベルク鉄道
 Fichtelbergbahn
懐かしの米坂線 その1
半世紀前の磐越西線
 郡山−会津若松
磐越西線の蒸機 I
私の磐越西線 翁島にて
磐越西線の蒸機 II
筑豊本線 回想
消えたローカル線

とれいん10月号増刊
9月21日(水)発売
定価:本体3,000円+税
A4判横綴じ84ページ(内カラー16ページ)

バックナンバーも好評発売中です
第25〜32号…各巻 定価:本体2,848円+税
第33号〜……各巻 定価:本体3,000円+税
[品切れ:第1号~24号]

バックナンバーの内容はこちらからどうぞ

レイアウト・ビルダーズ4

レイアウト・ビルダーズ4
 松本謙一 作品アルバム
 米山鉄道事始め/“水”をテーマに

ファイル 188-1.jpg

4年ぶり,レイアウトしわざ人が帰ってきた!
待望の最新刊!

主な内容
■米山鉄道 事始め
■「米山鉄道」メイキング・アルバム
■座談会さかつうギャラリーとClssic Storyのめざすもの
■懐かしい駅舎と色/かたち 中尾 豊
■最近のD&GRNから
 (1)小さい機関庫を訪ねたら… (2)川原へ
■高透明エポキシならここまでやれるシャトル運転を使った小レイアウト
 クラム・ベイの船着場
■“水”を極める


ファイル 188-2.jpg
この本は,ひとまわり大きな鉄道模型の世界をお届けします
レイアウトはここまでやれる!
テクよりマインド  ープロを超える創造世界
松・謙の艶笑ワールドも全開!


編集者より;今回は生意気にも私の作品集と(模型で!)銘打って,架空鉄道を実在らしく組み立てるストーリー,コンセプトの立て方の実例,昨年のJAMコンベンションへ出品した米国の鉄道フェリー船着場,ヌードビーチ添えの細部紹介,それに中尾豊さん特別提供の昭和40年代初頭までの国鉄ローカル駅舎の貴重なカラー写真,「川原」「船着場」やD&GRNでの作例を交えた究極の「水の造り方」の解説をまとめました.

ファイル 188-3.jpg

A4変形 横綴じ 本文85P(うちカラー81P)
定価:本体3,300円+税


※おしらせ
2011.8.19から3日間,東京有明のビッグサイトで国際鉄道模型コンベンション(JAM)が行われます.弊社ブースにてご購入いただいた『レイアウトビルダーズ4』を同会場内 レイアウトしわざ人 Ken & the Beauties のブース(会場出口すぐ脇)へお持ちいただければ 著者 松本謙一がサインをいたします.
なお,サインは3日間の会場限定サービスとなっておりますので,ご了承ください.

レイアウトしわざ人 Ken & the Beauties のブースにはこの本に登場する1.100×455mmのレイアウト,「米山鉄道」や「クラム・ベイの船着場」が登場します.
是非会場まで足をお運びください.
【イベントは終了いたしました】