記事一覧

Rail No.67

ファイル 68-1.jpg

米子界隈の鉄道

■法勝寺電鉄
■山陰本線の客車たち
■北京,天津周辺の煙

伯耆の国の西の端,もう少し行けば出雲の国へと差し掛かるあたりに位置する米子市.ここが山陰地方の鉄道発祥の地です.最初の開通から106年.どのように歩んできたのか,“レイル”としては初めて採り上げ,まとめてみました.
 通史は鉄道史研究のベテランである長船友則さんが担当してくださいました.
丹念な調査と手堅い記述に加え,貴重な資料をふんだんに公開してくださったので,米子界隈の鉄道の全てを知ることができます.
 グラフ頁も,古典ロコから始まりC51,54,57,D51,8620,C11とバラエティに富んだラインナップを美しい写真によって構成しています.
 また,昭和40年代に山陰本線で使われていた客車の中から,特徴ある形式や番号を藤本哲男さんが纏めて下さいました.
 さらに,米子周辺で最後まで残った私鉄である,日ノ丸自動車法勝寺線を訪問記とグラフで紹介しました.
 現代中国蒸機は,この15年間に見ることができた北京,天津周辺の蒸気機関車たちです.

定価:本体3,600円+税