記事一覧

Rail No.38

ファイル 38-1.jpg

国電の始祖ハフニ1再考

■常磐線あれこれ
■汽車会社回想(終)
■神戸日記
■英国保存鉄道

松本電鉄に現存する同社のハニフ1から、国電の始祖、旧甲武鉄道の電車について歴史的変遷を追及する“国電の始祖ハニフ1再考”がメインテーマ。昭和20年代の関西の私鉄を歴訪する“神戸日記(抄)”は河村かずふさ氏の筆で連載開始。“常磐線あれこれ”は沿線に育った遠藤 光氏の昭和20年代の回想。外国の鉄道は、石垣 徹氏の“英国保存鉄道巡り”。各鉄道についての詳細なデータが添えられている。

定価:本体3,500円+税

在庫あとわずか

バックナンバーの内容はこちらからどうぞ