記事一覧

Rail No.35

ファイル 35-1.jpg

山東半島にドイツの面影を見る

■ファンの目で見た台車の話
■汽車会社回想2
■国鉄蒸機の系譜

巻頭は臼井茂信氏の追悼グラフ“軌跡を追う”第2回目。国鉄蒸機の系譜は8700と日本最初のパシフィック機となった8900について。11回目を迎えた“台車のはなし”は、私鉄電車用台車として一大勢力を誇ったブリル社のボギー台車編。外国の鉄道は、蔵重信隆氏による、大改造されながらも今に残る中国大陸山東半島のコッペル製メーターゲージEテンダー機の発見レポート。

定価:本体3,300円+税

バックナンバーの内容はこちらからどうぞ