記事一覧

Rail No.34

ファイル 33-1.jpg

臼井茂信追悼鉄道写真集“軌跡を追う”

■汽車会社回想1
■蒸気機関車C54の回想
■台北新公園の古典機関車
■古さと新しさ ベルリンのトラム

前々年に亡くなった臼井茂信氏の追悼として列車写真グラフ“軌跡を追う”を巻頭に特集。“国鉄蒸機の系譜”は、大正期に輸入された3形式のテンホイラーのうち8800と8850、そして9600の量産開始について言及。根本 茂氏の思い出話は、汽車會社入社後に至り“汽車會社回想”と改題。台湾からは台北の公園に保存されている、日本から移送された機関車の素性についての研究が寄せられている。河村かずふさ氏の“郊外電車あの頃”は昭和10年代に東京で育ったファンには思い出深い随筆。外国の鉄道は、統一されて数年を経たベルリンに残る2軸路面電車路線の探訪記。

定価:本体3,301円+税

バックナンバーの内容はこちらからどうぞ