記事一覧

Rail No.77

ファイル 181-1.jpg

■EF58重連の荷35列車
■京阪電車の思い出■北京鉄道博物館■内モンゴルの煙

昭和50/1975年3月のダイヤ改正で,汐留を午後に発車する荷物列車の牽引機がEF58の重連運転となりました.輸送量の増大により荷物車を増結した結果で,全てのパンタグラフを上昇させて東海道を西に向かう姿がファンから注目されました.そのEF58は宮原機関区と浜松機関区.スタイルにバリエーションの多いEF58の中でも,御召予備指定機EF58 60や鋳鋼製先台車をはいた機関車,正面窓の大小にHゴム化改造……特徴の多い機関車たちが担当していました.今回はその編成記録から機関車の形態観察まで,荷35列車の在りし日の姿を偲びます.
 開業100年を迎えた京阪電車で,半世紀以上にわたって親しまれてきた車体や内装の色はどのように決められたのか.昭和20年代から30年代の担当技術者の思い出を聞き取り,記録しました.併せて“ロマンスカー史”の補遺と訂正も掲載しています.
 北京市の中心部に鉄道博物館がオープンしました.資料類の保存と展示が主な目的です.その収蔵物の様子を,いちはやくお届けします.
 中国の蒸気機関車は,内モンゴルに,今もなお残る煙と,つい先日まで生きていた製鉄所の機関車を探索します.

定価:本体3,600円+税

バックナンバーの内容はこちらからどうぞ