記事一覧

蒸機の時代について

日本の国鉄から現役の蒸気機関車が姿を消してから,早くも30年以上の歳月が流れてしまいました.その頃に趣味活動を実践していた人たちは,今では少なくとも40歳代以上となっているはずです.また,蒸機終焉の年に生まれた人,既に30歳代となっているのですから,完全に“歴史”の範疇です.
 けれども,今もなお蒸気機関車が現役だった時代のことを,あたかもつい昨日のように覚えている大勢の人たちがいます.一方では,自分が体験できなかった時代のこととして憧れの目をもってあの頃のことを調べている人たちもいます.
“蒸機の時代”とは,そんな,蒸気機関車のことを愛し続けている人々の,より豊かな趣味活動のために刊行が始まりました.
 編集担当は,昭和30年代から日本各地の蒸気機関車を求めて旅を続けてきた,林 嶢です.自分自身の膨大なネガアルバムから,そして幅広い交友関係の中から,選りすぐりの写真を集め,蒸気機関車が元気だった頃の鉄道情景を誌上に再現し続けています.
 対象となる地域は北海道から九州まで.時には外国の煙にも目を向けます.さらには“蒸気機関車を彷彿させる情景”も,このシリーズの中で採り上げられます.
 誌面の構成は,原則として1頁に写真1枚ずつとしています.これは,数多くの写真を掲載しようとするあまり,1枚ずつの大きさが小さくなって,せっかくの“写真”を楽しむことができなくなるのを防ぐためです.また,写りこんでいる情報が失われるのを惜しむ,という理由もあります.
 写っている個々の機関車や列車,路線についての詳しい解説は最小限に留め,見る人の夢が拡がるように配慮されています.それでも,少なくとも30年以上も時代を経た情景ばかりですから,現代では想像がつきづらいだろうと思われることがらの説明や,撮影者がその時点で感じたことなどは,若い世代にも“その時代”を理解してもらうことができるよう,最小限の説明を付け加えています.最小限の記述とはいえ,時代考証には細心の注意を払って記しています.
 このように,このシリーズは,現役の蒸気機関車を知っている人にも知らない人にも,気軽に“あの時代”を味わっていただくための本なのです.

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ