記事一覧

スワローエンゼル 函館本線C62重連の実像(下) 著者:松本謙一・平井憲太郎

ファイル 139-1.jpg

日本の蒸気機関車史における永遠の名場面、「函館山線C62重連急行」その最後の6年間、延べ120日、築港機関区C62に密着した撮影を一挙収録。小樽築港を出発して函館往復、雪と勾配に挑むC62重連とそれを取り巻く函館本線の列車模様が描く大交響詩。その激務のすべてが超大判写真集に甦る。

下巻:闘雪 倶知安~長万部~函館~長万部~小樽築港…
撮影回想記

版形:上製本函入り 110ページ巻頭カラー 36cm×28cm

定価:本体15,000円+税
(荷造り送料サービス)

スワローエンゼル 函館本線C62重連の実像(上) 著者:松本謙一・平井憲太郎

ファイル 138-1.jpg

日本の蒸気機関車史における永遠の名場面、「函館山線C62重連急行」その最後の6年間、延べ120日、築港機関区C62に密着した撮影を一挙収録。小樽築港を出発して函館往復、雪と勾配に挑むC62重連とそれを取り巻く函館本線の列車模様が描く大交響詩。その激務のすべてが超大判写真集に甦る。

上巻:C62 2の表情/苗穂工場での修繕/早春の重連/闘雪 小樽築港~倶知安…
山線C62各機履歴つき

版形:上製本函入り 110ページ巻頭カラー 36cm×28cm

定価:本体15,000円+税
(荷造り送料サービス)

スワローエンゼル 撮影者たちの言葉

ファイル 137-1.jpg

C62重連というテーマはまさに巨大であり,撮影者は常に押しひしがれるような思いを味わったものです.反面,そのドラマは日々刻々にさまざまな場面を見せてくれ,次つぎに新たなイマジネーションを沸き起こらせてくれるのでした.型にはめず,小手先によらず,見えてくる在りのままにシャッターを切る……われわれの鉄道写真術の原点となったのがC62重連でした.「鉄道写真とはこういうものだ!」いささかの自負を持ってこの本を御覧に入れたいと思います.

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ