記事一覧

西尾克三郎 ライカ鉄道写真全集 概要

カビネ版組立暗箱カメラで,全盛期の日本の蒸気機関車の壮麗な形式写真を遺した西尾克三郎氏は,また,昭和初期から機動性に富むライカを駆使して,蒸気機関車のみならず,省線電車,私鉄電車,ガソリンカーなどの列車写真,駅風景,工事の模様などを撮影していました.そのネガ・アルバムは,昭和8年4月30日のネガNo.1に初まって,昭和23年3月16日のNo.1952まで,一連番号で整理されています.その1コマ,1コマが今日となっては,当時の生きた鉄道の姿を識るための貴重な画像であり,氏の丹念な性格から,ほとんどのものが撮影年月日が記録されている点でも,構成の鉄道研究にとって,その画面の中から得られる情報は限りないものと思われます.従来,代表的な列車写真は数多くの鉄道書に発表されていますが,このネガ・アルバムは依然,多くの未発表写真を含んでおり,一同に公開されれば,そのまま昭和戦前の鉄道年鑑として,またとない資料となりましょう.

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ